2008年12月14日

ミクスチュアシティ。



超高層ビルの建ち並ぶ巨大未来都市。
まるで映画のセットのような街、上海。

古くはブレードランナーの舞台にも漢字の入った看板が使われ
日本のアニメでは、押井監督のイノセンスでも中華色の漂う東洋的な街並みが採用されている。
SF映画の近未来の舞台といえば、ネオンがうるさくひしめいていて煌びやかなのに
どこか雑多で退廃的で悲哀に満ちた世界感が多い。

過剰にあふれる情報が行き交う現代社会では
あらゆる文化が、混沌と溶け込み混ざり合い、常に新しいものが生まれ
また消え、統合され進化したりと目まぐるしい。


勝手に名付けたるなら「ミクスチュアシティ」
様々な人種と言葉、文字が街中に溢れているイメージを持つ
そんな感じがする上海。

まだ行ったことないけど、一度は行ってみたい土地だ。
タグ:上海
posted by アカツキ at 17:01| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111220502
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。