2013年09月13日

目標設定

幸か不幸か、営業から納品に至るまでの一連の取引の流れは任されていたし
把握していたので、独立するにおいてその点での不安はさほどなかった。
でも、経営の基礎は出来ていない。ざっくりとしたイメージしか掴んでいなかった。

悩んだあげく、独立すると決めた。

心づもりが決まってからは、帳簿の付け方から何から経営に関する基本的な知識に伴い、投資や資産の運用といったいわゆる「社会の仕組み」なんかを勉強した時、経営者側からみる視点は、まさに目から鱗が落ちる思いだった。

サラリーマン時代には考えも及ばない世界が広がっていた。

勤めていた経営者からもいくつか助言をいただいた。ありがたい事だ。
過去に、自己都合で退職した会社とは疎遠になっていたが、後の事を考えると、円満退社で関係性を持続する方が、得られるものは大きいと知る。今でも、その経営者との交流は頻繁ではないが途絶えていない。今もって尚、学べる事が多い。

暗中模索のなか手探りであれこれやってきたけど、起業してからの何年かやってきた事を改めてトレースすると、もっとうまくやれたのになぁと思う。

この時点でも目標が定まっていない。

だから、結局ひとおとり慣れて軌道に乗ってしまうと惰性がやってくる。
目標なしではモチベーションを維持するのはむずかしい。

なんとなく生きていけるのはホントにコワい。
なにせ危機感が生まれない。

仕事がなくなってきて初めて危機感を持つ。
機転の利く人なら、うまくいってるうちに次の一手を考えるのだろう。

ひとりでやれる事には限界もあるし、知り得る情報にも偏りがあるし、やはり視野が狭い。第三者の協力や意見は大事だという事と、何より、明確な目標を持つ事が大事だという事を学んだ。

目標を設定し、今また再起動した。
スタートが遅くなった今となっては出来る事も限られてくるが、やれるとこまではやらないと先には進めない。

ただ、一人で何でも自己完結で片付けようと考えるのはやめた。
所詮、桶は桶屋だし、任せられるとろはプロに任せた方がいいし、新たな人脈も広がる。

それと同時に、周りに同じ目標を持って協力してもらえる人や、環境をつくりはじめた。
それだけでも成長したと思う。成長していってると思いたい。
posted by アカツキ at 16:41| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/374711450
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。