2013年09月10日

風立ちぬ

観てきましたよ。風立ちぬ。
純粋に面白かったですよ。ひさびさに良い映画を観たなぁって思いました。
ドラマに近い感じだったけど空想や夢のシーンなんかは実写では表現しづらいから、ある意味アニメの新しいジャンルを感じたね。

観に行った二人して途中から号泣してたんだけど。
別の機会に観に行ったほかの友人は、なんかピンと来なかったと言っていた。
なるほど、やっぱり人によって捉え方は様々なんだなぁ…と実感した。
まぁ、確かにサブタイトルの「生きねば。」は観る前もぼんやりしたテーマだと思ったし実際観た後も、う、うーん?って思ったけど。

捉え方と言えば、幸せの感じ方ひとつとっても、好きな物事に熱中し、没頭できるものがあれば、もちろん本人にとってみればこんな幸せな事はないが、程々に仕事して、家庭で過ごす事が何よりの幸せを感じる人もいる。
そんな人から見れば、前者の感じる幸せはただの独りよがりに映るだろう。

きっと大事なのは「自分にとっての幸せ」が何か?が、きっと重要なんだろう。
テーマでもある善も悪も絶対的なものではなくて、同じ事象でも視点や立場によっては、どちらにもなり得るって事ですね。

たまに聞くのが、「自分よりも他の人を幸せにしたい。」
人の為にと想う事で得られる幸せは、実は相手にとってはそうは感じてない部分があるかもしれない。
言ってみれば自己満足に近い気がする。

まず、自分が幸せにならないと、他の人を幸せに導くような心の余裕は生まれないだろうし、そもそも不幸を背負ってるような人に、幸せにしてもらおうなどとは思わないだろう。
もっと言えば自分を幸せに出来ないような人が、他人を幸せに…などとは、ちゃんちゃらおかしいわけで。

社会的にはそう冷静に考えられても、まぁ恋愛が絡んだりすると、こう、理不尽な想いなんてのも出てきちゃうでしょうね。

病床の菜穂子が寝ている横で二郎がタバコをふかすシーンを巡って、様々な意見が出ているようだけど、あれとてそのシーンだけ切り取ってみれば不快に映るかもしれない。
奈緒子が吸ってもいいって言ったとしても我慢しろやって突っ込みたくなるところだが、話の前後からすれば、やはり二人の心象を語る上で重要なシーンであったように思う。

ちなみに私は、たばこは一切吸わないが、さして不快だとは思わなかった。

宮崎監督も今回をもって長編映画からは引退(以前にも聞いた気が…)との事ですが、あぁ、ひとつの時代が終わったんだなと思うと、なんか寂しいね。
posted by アカツキ at 15:51| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

RED CLIFF Part I『レッドクリフ パート1』

観てきました。
面白かったです。

西暦208年、時は中国三国時代。

曹操(チャン・フォンイー)率いる魏の兵が、周辺諸国を次々と制圧し
やがて80万もの兵力を集め、蜀に攻め込んできた。
不意を突かれた劉備軍は、民の助けを優先させ
敵からの執拗な攻撃から逃れ、反撃の機を伺う。

劉備軍の若き天才軍師・諸葛孔明(金城武)は、孫権軍率いる
呉の知将・周瑜(トニー・レオン)に、連合軍を組むことを提案する。
お互い曹操打倒の元、周瑜は協力することを快諾する。

そして機は熟し、「赤壁の戦い」の時が来る。

一方、曹操は天下統一という野望の裏に秘めた、もうひとつの思惑があった。

曹操率いる魏の大軍と、蜀と呉の連合軍との「赤壁の戦い」を
未来、愛、友情とゆう3つの視点から描いた歴史超大作。


ジョン・ウー監督にして、配役陣もトニー・レオン、金城武、ヴィッキー・チャオ、チャン・チェン、中村獅童、チャン・フォンイー、フー・ジュン、リン・チーリンと豪華。


配給に東宝東和、エイベックス・エンタテインメントの名が連なっていて
おいおい大丈夫かぁ…?と観る前からなんだか微妙な気持ちにさせられたが

が、

貧弱さは微塵も感じさせない迫力ある作品に仕上がっていました。
ただ一点、
「孔明と周瑜が連合軍交渉の際、周瑜の邸宅で楽器でセッション?」を
するシーンがあるんだけど…

え?それってロックですか?

みたいなノリにちょっと興醒め。
まぁ、解釈は人それぞれですが
中国楽器の荘厳なハーモニーを期待しただけに…
ん?当時ホントにあんな演奏だったのかなと。
それともアレか?○イベックス的介入でも入ったか??
ココは特に、こだわってるんですよ的な。

内容的には三国志を書籍などで知る人には賛否両論の様ですが
個人的には充分楽しめました。
パート2も期待が持てます。




レッドクリフ パート1』公式サイトはこちら
http://redcliff.jp/aboutthemovie/
posted by アカツキ at 22:35| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

イルマーレ

「2年のという時差を超えて出逢う奇跡のラブストーリー」

ラブストーリーというジャンルにしてはいささかSFチックですがアクション映画ではお馴染みのキアヌが、なかなか叶わぬ恋愛にドキドキする普通?の青年役を好演しています。
お相手役のサンドラ・ブロックは、医師という役柄しっかりしているんだけど、どこかかわいい大人の女性のイメージにぴったりです。

シカゴで働くことになった医師ケイト(サンドラ・ブロック)は、今住むお気に入りの湖畔の家を引き払うことになり、次の住人に宛てた一通の手紙を郵便受けに残した。ところがその手紙はどういう訳か、2年前のその郵便受けに届いてしまう。
湖畔の家の2年前の住人は駆け出しの建築設計士アレックス(キアヌ・リーブス)。最初は間違って届いたと思っていた手紙だが、アレックスの返信をきっかけに時を超えた不思議な文通が始まります。
将来や人生、恋のことなどを相談し合うようになるうちに、お互いかけがえのない存在へと変わっていくのを感じるケイトとアレックス。
ふたりは「逢いたい」という気持ちが高まり、時を超えて逢うことのリスクを承知で、ある場所で待ち合わせをする。
アレックスの時間から2年後、ケイトの待つ約束の場所には…。

今考えると、文通でやりとりするなんてロマンチック過ぎる訳ですよ。
ドキドキしながら相手の返事を待つ。ちょっとしたすれ違いが二人の関係をやきもきさせたりして。
手書きというところがまた、なんか相手の感情やら性格が垣間見えたりする気がして、楽しかったんじゃないですかね。
交換日記なんかはもう憧れでしたね(笑)

携帯電話とメールという便利なツールが発達した現代ではもう、手紙を書く機会など皆無に等しく、おそらく書いても年賀状くらいのものだと思います。
いざ、書くとなると気恥ずかしくなかなか筆が進まないものだけど、手書きで書く手紙は、やはり気持ちの伝わり方が全然違う気がします。
なので私は今でも、何かのプレゼントを渡すときなどはちょっとした手紙を添えたりしています。

posted by アカツキ at 15:35| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

天使のくれた時間

「愛よりも、サクセスを選んだ男に訪れた奇跡の時間。」

クリスマスも近づいてきました。
街は競うように装飾であふれ、いやがおうにも気分を盛り上げてくれます。
クリスマスをテーマに扱った映画は数多くありますが、現代を舞台にファンタジー色が加わった一風変わった映画を紹介します。

「天使のくれた時間。」

主演はニコラス・ケイジ演じるジャック。
愛するケイト(ティア・レオーニ)をパリに残し、単身ロンドンへ。
13年後、高級マンションに住み、愛車はフェラーリ、ウォール街でトップクラスの地位を築き、クリスマスも関係なく日々忙しく、仕事に遊びにと人生を謳歌していたジャック。
仕事帰りに何気なく寄った店先でキャッシュ(ドン・チードル)と名乗る人物に出会う。帰り際、彼は「メリー・クリスマス」と。
キャッシュとの不思議な出会いによって、ジャックの忙しい日々は、翌日から奇妙な"日常"に一変してしまう。
目が覚めたジャック、隣には13年前に別れたはずのケイト。そして子供の賑やかな声、ウォール街から離れた郊外の一軒家。
戸惑い、自分の置かれた状態が把握できず自分の住んでいた高層マンションと急ぎ向かう。
見慣れたフロントマン。入ろうとするが居住者以外は入れないと追い返される。罵声を残し、会社へ向かうがまたもジャックを知らないと言う。
ぼう然とする中、自分のフェラーリに乗ったキャッシュが現れる。
「"きらめき"を見たんだ。答えは自分で探さないと。」
彼はそう言うと、ジャックを残し去っていった。
今の彼の仕事はケイトの父親が営むタイヤ屋の営業。
自分の一番嫌っていた平凡な日常に我慢ならないジャックは、なんとか元のステイタスを手に入れようと機会を伺う。
程なくしてウォール街に戻れるチャンスが訪れるが、ケイトは今の家を離れるのは反対だと言う。
雪の中遊ぶ子供たち、そして優しく見守るケイト。気心の知れた友人。
次第にケイトとの平凡な生活にも慣れ、安らぎに幸せを感じはじめたが
今度は逆に今の生活が幻となって消えることを不安に感じるようになっていた。
そして、突然にその日常は消える。
電話のベルで起こされ、元の忙しい日々の自分の部屋で"目覚めて"しまった。
ケイトと過ごしていたはずの郊外の家を訪ねるが、そこには別の住人が。
誰もがうらやむ地位には登り詰めた。が、そんなことが愛する人と共に過ごす未来を犠牲にしてまで掴みたかった幸せだったのか…。
深い虚無感に包まれるジャック…。

監督は「ラッシュアワー」を手掛けたブレット・ラトナー。
手に汗握るハラハラ感も、ドキドキするような恋の駆け引きもないが
ハートフルで穏やかな展開は、疲れた心をほんのり癒してくれる作品に仕上がっています。

年の瀬、差し迫ったこの時期、どこを見ても慌ただしくほんとに忙しそう。
ほんのひと息、この映画でほんわかした時間を過ごしてみては。

posted by アカツキ at 17:41| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

コンタクト

当時、賛否両論に評価が別れた作品です。
理由としてはSFとしての押しが弱く宇宙航行でのシーンが
やや創造的すぎて…といったところでしょうか。

僕は大好きです(笑
博士とゆうフィルターを通して、
未知なものに対する人間としての葛藤や不安、
期待感といった精神探求とゆう視点で見るならば
非常に興味深い作品だと思います。
ニューメキシコVLAの勇壮な天文台群、
アリゾナの大自然と星空、宇宙から臨む地球など
壮大な景色も多く
精神に直接訴えかけたと思われる”幻想的”に誇張された
銀河や惑星での対話シーンなどは
魅惑的で美しく非常に心惹かれます。

導入部のテレビの音声と思われるBGMにのせ
シーンは地球を離れ、太陽系の圏外へ
地球からの電波がやがて届かなくなり
銀河を超え深宇宙へ…果てしない静寂が続き
光の海に包まれたかと思うと
それは少女の瞳へと換わる。
「CQ、CQ…」無線通信を試みる少女
この物語の主人公エリーである。

電波天文学者エリナー”エリー”・アロウェイ博士は
幼い頃からある答えを求め続けてきた。
「なぜ、我々はここにいるのか。我々はいったい何者なのか。」
彼女は地球外の知的生命体の存在を提唱し、
学会からも異端児扱いされている。
ある夜、彼女が観測する天文台でノイズが規則的に反復する
周波数をキャッチし、舞台は急展開をみせる。
好意を寄せる男性との出会いと衝突。
学会の汚れた関係と事情。
宇宙への旅立ち、そこで彼女は何と出会い、何を得るのか…

ワーナー系(いわゆるハリウッド映画)にしては珍しく
決してワクワクはらはらする様なSFではなく
徹底的にリアリティにこだわった演出と設定によるストーリーは
知的生命に対する希望も込められた内容になっています。

ジョディ・フォスターの演技は素晴らしく
また知的な女性像がよく似合う。
原作はカール・セーガンのベストセラー小説。
ロバート・ゼメキス監督
「フォレスト・ガンプ(一期一会)」「バック・トゥ・ザ・フューチャー2、3」

ラベル:映画 洋画 DVD
posted by アカツキ at 21:25| 🌁| Comment(6) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

グランブルー

暑いときにオススメなのはコレ。

真っ青な海と空…ギリシアの美しい風景、音楽
涼しげなシーンと台詞、ゆったりとすすむストーリー。
海中のシーンも多く、いるかとの対話シーンに癒しを憶え
勢い、酔ったままプールの底での乾杯。
どこまでもおしゃれで静かに…心の水面を撫でるゆるやかな寂しさと共に。
フランス映画独特のブルーに包まれた世界観…
それはシーンだけでなく登場人物のそれぞれの心情にまで及んでいます。
暑かった事も忘れ、浸ってしまいます。

潜水することに魅了され海中の果てに安らぎを見る
ジャック(ジャン・マルク・バール)、
同じく潜水に憑かれた男エンゾ(ジャン・レノ)との友情、
ニューヨーク生まれのジョアンナ(ロザンナ・アークェット)との
恋ともつかぬ微妙な関係。

幼なじみであるジャックとエンゾは素潜りを通し良きライバルであり、
ジャックの父が事故で水死後、より友情を深める。
時は経ち、ジャックがダイバーとして働くペルー山中の湖に、
保険会社の調査員ジョアンナが訪れ、神秘的な彼に次第に惹かれ始める。

一方、エンゾはフリーダイビングの世界チャンピオンとして活躍していたが
久しく疎遠になっていたジャックを探し出し、大会出場へとけしかける。
二人の異様なまでの海への執着に、違和感を感じるジョアンナは
なんとかジャックの気を惹こうと懸命だが
一方のジャックは既に、陸上での生活観に満たされない違和を感じ始めていた。

1988年製作 監督リュックベッソン

posted by アカツキ at 17:29| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

サイレントヒル

1001014_01+.jpg普段は愛くるしい9才の少女シャロンは、時折情緒不安定に陥り、うわごとのように謎の言葉を繰り返す「サイレントヒル…」
彼女の情緒不安定を治したい一心で、母親ローズはその言葉から”ウェストバージニア州サイレントヒル”を探りあてる。
原因をつかめば快方に繋がると思い、夫クリストファーの制止を聞かず、シャロンを連れ車でサイレントヒルへ向かう。途中、女性警官シビルに職務質問されるが尚も振り切り強引に踏み込む。
目の前に飛び出した少女!を避けようと車ごとそのまま山腹へ突っ込み意識を失う…
気がつくと、そこは霧の棲む街「サイレントヒル」
先の方に街の中に吸い込まれるようにシャロンらしき人影が…急ぎ追いかけるが、ローズは…得体の知れないものに追われる側になる…
次第に明かされていくサイレントヒルの忌まわしい過去と秘密…
街とシャロンとの関係
ゲームが原作の異色ホラー

待っていました。
知ったのは数ヶ月前。あるサイトで欧米での公開を匂わす記事。
まさか!映画化するとは…期待はしてたが実写化できるのかなぁと。
公開初日に観に行きました。
冒頭からわらわらと集まってくるキューピーちゃん(?)達に鳥肌!
コレはいけると確信した!
あまりに暗く、哀しく寂しい話なのでその手のが苦手な人にはお勧めしません。
大好きな人にはカッチリ食い込むと思います。
陰惨ですさみ廃退した世界観…それはまさにアレッサの心象風景そのもの。
映像、音楽、ストーリーがうまく溶け込んでDEEPで歪んだ世界へといざなう。
監督は相当の原作ファンとゆう触れ込みもあり、随所に思い入れが感じられます。
惜しむらくは日本での配給が松竹と力のなさか、割り当てられたスクリーンが何処も小さい!
これだけの作品、ワーナーとかだったら良かったのになぁ…思います。
でかいスクリーンで見たかった。
次回作が期待されます。

監督クリストフ・ガンズの主な作品「ジェヴォーダンの獣」
脚本ロジャー・エイヴァーリーはあの大ヒット作「パルプ・フィクション」にも参加してました。
「インサイドマン」のレビューで紹介した「キリング・ゾーイ」の監督でもあります。

posted by アカツキ at 17:45| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

インサイドマン

スパイク・リー監督に主演がデンゼル・ワシントンと期待できる組み合わせ。
ジャンルは心理サスペンス。
知能犯を思わせる男を中心にした窃盗グループが、銀行に人質を取って立てこもり、捜査官や交渉人と弁護士相手にお互いの心理を探り合う、すれすれの緊迫した交渉をすすめる。
人質解放とともに犯行グループも逮捕、のはずが絶対的な確証が得られず犯行グループを特定できない。
窃盗グループリーダー役にクライヴ・オーウェンと女弁護士がジョディ・フォスター。

最近観た中では久々に楽しめた作品。
予告からは「交渉人」や「キリング・ゾーイ」を思い浮かべてしまったが
脚本演出家の心憎いエッセンスが随所に散りばめられており、言葉の選び方や、行動、展開などに思わずニヤリとしてしまうようなシーンもあり、見る度に新しい発見が出来そうな奥の深い作品に仕上がってます。
posted by アカツキ at 12:56| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。