2013年09月13日

目標設定

幸か不幸か、営業から納品に至るまでの一連の取引の流れは任されていたし
把握していたので、独立するにおいてその点での不安はさほどなかった。
でも、経営の基礎は出来ていない。ざっくりとしたイメージしか掴んでいなかった。

悩んだあげく、独立すると決めた。

心づもりが決まってからは、帳簿の付け方から何から経営に関する基本的な知識に伴い、投資や資産の運用といったいわゆる「社会の仕組み」なんかを勉強した時、経営者側からみる視点は、まさに目から鱗が落ちる思いだった。

サラリーマン時代には考えも及ばない世界が広がっていた。

勤めていた経営者からもいくつか助言をいただいた。ありがたい事だ。
過去に、自己都合で退職した会社とは疎遠になっていたが、後の事を考えると、円満退社で関係性を持続する方が、得られるものは大きいと知る。今でも、その経営者との交流は頻繁ではないが途絶えていない。今もって尚、学べる事が多い。

暗中模索のなか手探りであれこれやってきたけど、起業してからの何年かやってきた事を改めてトレースすると、もっとうまくやれたのになぁと思う。

この時点でも目標が定まっていない。

だから、結局ひとおとり慣れて軌道に乗ってしまうと惰性がやってくる。
目標なしではモチベーションを維持するのはむずかしい。

なんとなく生きていけるのはホントにコワい。
なにせ危機感が生まれない。

仕事がなくなってきて初めて危機感を持つ。
機転の利く人なら、うまくいってるうちに次の一手を考えるのだろう。

ひとりでやれる事には限界もあるし、知り得る情報にも偏りがあるし、やはり視野が狭い。第三者の協力や意見は大事だという事と、何より、明確な目標を持つ事が大事だという事を学んだ。

目標を設定し、今また再起動した。
スタートが遅くなった今となっては出来る事も限られてくるが、やれるとこまではやらないと先には進めない。

ただ、一人で何でも自己完結で片付けようと考えるのはやめた。
所詮、桶は桶屋だし、任せられるとろはプロに任せた方がいいし、新たな人脈も広がる。

それと同時に、周りに同じ目標を持って協力してもらえる人や、環境をつくりはじめた。
それだけでも成長したと思う。成長していってると思いたい。
posted by アカツキ at 16:41| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

あなたの将来像

自分のやりたいことってなんだろうって考える。目標はとくになかった。
あなたの将来像って何って聞かれた。

迷いなく答えられる人はどれだけいるのだろう。

幼少の頃から語学や楽器にもっと積極的に触れる機会があったら、もっと人生の選択肢は変わっていたんだろうなって思ったりする。

それは言い訳なのか。

大人が若い人に「今、勉強しておかなきゃ先が大変だよ。」ってのは今になって実感する。と同時に”何を勉強するべきだったのか”。
自分が通った塾と言えば、習字とそろばんだった。英語やピアノなんかだったりを習いたいなんてのは思いもしなかった。そういった類いの習い事に通うのは、なんか遠い世界の感じがした。
そんな時代だったと思う。だからこそ、その当時そこに注力できる環境にあれば10年後、20年後の今、実践的かつ希少性のある技術は価値を生む。

親は勉強を頑張れと言う。当然だろう。

後が大変だよと言う。大変?

しかし、それは漠然としすぎてて、子供だった自分には「自分の将来において何が大事で何が必要なのか」が、いまひとつ実感として伝わってなかった。

基礎学力は大事だとは思うが、日常生活において、何の役に立つかはわからないけど多分必要なんだろうという感覚だ。実際、社会で求められる実用性はまた別のものだ。

うちは一般的なサラリーマンの家庭に生まれ育ち、当たり前や普通を好み、子供の自主性を尊重するといういわば放任主義だった。結果、目的意識が低く、ただなんとなく毎日を過ごすしがない中年が出来あがった。
まぁ、自助努力や「気付き」も怠っていたので、全てを親の責任に押し付けはしないが。

なんとなく生きていけるのはある意味コワい。

子供に危機感を持てというのはムリがある。だから、ある程度の選択肢を与える環境や、指針を示すのが大事なんじゃないかと思う。

社会の実際におけるお金の使い方や意味、投資や運用の仕組みなんかも知り得る環境にはなかった。
日本の教育ではあながち目を伏せたがる部分ではないだろうか。株は怖いもの。借金はするな。起業なんて…と教えられる。中身や仕組みを知るのと知らないのとでは大きな違いがある。

ともあれ、会社に就職する事がまずもっての目標だったから。社会経験を積むという意味では意義があるが、ステップアップとしての通過点としては考えていない。やはり、まんべんと過ごすだけだ。

社会に出てから、後にそういった経済の仕組みなんかに自分で「気付く」時までに、なんと無駄な時間とお金の使い方をした事か。若き起業家の声を聞いたりすると、あぁ、スタート地点が全然違うんだなぁ…とつくづく思う。

一つ目の転機になったのは独立してからになる。
posted by アカツキ at 12:48| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

こんなにも違いが分かるものなのか。

今まで使っていたのが結構古くなってきたので
新調することに。
ヘッドフォンを選ぶにあたって、色々なブログを参考にしたんだけど
いまひとつ分からない。
オールジャンルでそつなくこなす入門機と言えると評価のあった
ATH-A500を近くの大手家電で試聴できる実機を発見!
ほかにも7種ほど試聴してみたんだけど、あきらかな安物と比べると
なるほど深みはある気がする。
で、購入してみました。
実際、店内より家で聴く方が環境が静かなせいか
今まで使っていたヘッドフォンとは歴然の差!
あぁ、こんなにも違うモノなのかと感心した。


ラベル:ヘッドフォン
posted by アカツキ at 04:27| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

FAXプリンタ複合機。

FAXが壊れました。

ネット環境が発達した今、FAXを使う機会は、ほとんどなくて
eメールや大容量アップローダーでだいたい事足りちゃうんだけど
相手先にネット環境がなかったりで、たま〜に使う時があるんだよね。
う〜ん…(汗)買うかなぁ。どうしようかなぁ。

とゆう事でいろいろ調べてみる事に。

1.相手先から送信されたFAXをeメールで受け取れないか。
2.受信内容をプリントされる前に画面で見られるFAXを買うか。
3.ついでに複合機に替えるか。

1→NTTコミュで「iFAX」なる、FAX→eメール転送サービスをひっそりやってるのを見つけた。
http://www.ntt.com/iFAX/index.html
おぉ、そりゃ便利やないかぁ〜い!
と早速、電話で詳しく内容を聞いてみる事に。
内容の要約としては、今使ってる番号ではこのサービスは受けられず
別の番号を新たに作り、その番号にeメールアドレスを登録し
そこからの転送になる様である。
FAX発信はPC(FAXソフトを導入しているとして)から出来るが
問題は、受信の際の通信料も当方持ちになるという。

はい? なんじゃそら…

よくわかんない事を言うなぁ。
まぁ、最悪それでもいいかなと思いきや、通信料がバカ高い。
A41枚あたり 26.25円/枚
通常
NTT 市内3分8.5円(税込み8.925円)、市外、県外は距離に準じる
http://www.ntt-east.co.jp/phone/fare/k_to_k.html
とあるから3倍以上。おいおい(汗)
ちょっと相手の分まではフォローできんなぁ…と断念。
まったくNTTは後進的というか体制的というか…
ユニバーサル利用料の事も含め、ちょっと腹立ってきた。
この話題は後ほど。

2→NECはeメールで飛ばしてくれる機種を発見!
おぉ!いいね。知らない間にこんなの出てたんだ。
http://121ware.com/psp/PA121/LEARN/ENTP/h/?tab=LRN_Z_FC_BT
市場価格はだいたい2万ぐらい。
PanasonicからはSDメモリに記録出来るものまで
http://panasonic.jp/fax/607dl/index.html
ほぅ…PCに持って行けるわけね。

3→複合機といえばまぁBrotherかなと
http://www.brother.co.jp/product/mymio/index.htm
欲しい機能としてLAN、電話機能、留守録機能がついたモデルは最上位機種になる。4万ほど。
ちょっと予算オーバーだな。
USBのモデルなら2万ぐらいか。

EPSONでも出していたのね。
http://www.epson.jp/products/colorio/biz/pxfa700/index.htm

複合機は高いイメージが合ったけど、通常のFAX機とさほど変わらないなら
スキャナも付いてて、PCプリンタとしても使えるわけだからお得感はあるな。


壊れたのがBrother機だったんだけど
まぁ壊れるのはどんな機械でもいつか壊れるもんなんだけど
使ってたFAXは初めから調子悪くて、今ひとつかゆいところに手が届かない感じで使いづらくて
Brotherにあんまりいい印象が持てないんだよね。

でも、機能と価格のバランスが一番いいのはやっぱりBrotherかなぁ…

迷うところだ。


posted by アカツキ at 16:44| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

最近のお気に入り。豆しば

ちょっと前にやってたCM。
めっちゃ気になってググったら公式サイトがあったのね。
全編見たかったから良かった。

ララランるんるんララララランるんるん哀愁漂うメロディとともに現れる
かわいいキャラと声。なのにブラックユーモア。


豆しば

http://dogatch.jp/special/mameshiba/

しかし、かわいい…が、なんなんだコレは?
なんか豆の商品かなんかのイメージキャラだと思ったら違うんだね。
いろんな種類のグッズ商品目白押し…キャラ売りなんだ。
ふ〜んって感じでちょっと微妙な感じなりつつ(笑)

7話で止まってるけど、まだ続くのかなぁmameshiba.gif


ラベル:豆しば
posted by アカツキ at 20:46| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

ねこ。

最近、僕の周りは猫飼い率が増えている
何処へ行っても僕を見つめている(気がする)
元来ねこ好きな心を揺さぶる…
ぶんぶん揺さぶる(-"-)

引っ越しを機会にウチにも家族を導入しようかと思っているんだが
ハードルは高い

ねこがキライな人って引っ掻くとか噛みつく、匂いがダメとかゆう
理由が多いみたいだけど
少なくとも訪問した先のねこでそんな経験はなく
たまたまいい子なのか飼い猫歴が長いからなのか
よくなつく愛想の良い子ばかりである

が、ゆえに揺さぶられてしまう
人のウチで癒されて帰って行く

ちなみに犬には噛まれたことがある
2回…
小学生の頃に漫画よろしく追いかけられて
高いところに登ろうとしたところにお尻をガブリ。Σ(*゚Д゚)
大人になって正月に
親戚の犬をなでなでしようとしてガブリ。Σ(*゚Д゚)
酔っぱらってたので痛くはなかったのだが大型犬なので
犬歯が大きかったよ。

小学生のトラウマ以来ホントは触りたくなかったんだよ
犬にはキライな事がわかるらしい。

まぁさておき世の中には色んな動物を飼っている人がいるもんで
犬、猫、鳥、魚、は虫類、両生類、虫、人…
ペンギンを飼ってる人には驚いた記憶があるが(おつかいもするらしい)
飼えるもんなら恐竜を…
発想がのび太レベルなのだが結構、本気。
ラベル:日記 ペット ねこ
posted by アカツキ at 23:57| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

引っ越し

あけましておめでとうございます…
には随分経ってますがあせあせ(飛び散る汗)

新春早々引っ越しをしまして
少しばかり都会に近づきました
引っ越しをして思うこと
1モノが捨てられないでかさんでいる
2まとめてる最中に思い出にふけり進まない
3一度ぶっちゃけてしまった荷物は引っ越し先でなかなか片付かない

まぁ本人が思っているより自分の荷物って多いことに気づかされました
とゆうより入居時よりだんだん捨てられないモノが増えてくって事なんですけどねふらふら

さておき新生活、田舎暮らしが長かったせいか
何処へ行っても車が多く駐車場のない都会の暮らしは少々生活しづらいです

最近気になってるのが、もうひとつの新生活
セカンドライフ
secondlife.jpg
今アメリカではこの「セカンドライフ」なるオンラインゲームが流行っているそうで…
ご存じの方も多いかと思いますが
これ向こうじゃ社会現象になっているらしく
つい最近ラジオで何やらこの話題が出てて
どうゆう訳だかロイター、CNET、シェラトンホテルなど
ありとあらゆる有名企業が参加しているそうです
仮想世界で就職したり起業し働き、不動産を買い生活する
稼いだお金は仮想通貨から米ドルへ換金できる?
でもどこまでいっても仮想世界であることには変わりなく
一見、生産性がないように見えるこのシステム
どうして企業はユーザーに対し現金(セカンドライフ内ではリンデンドルだが換金できるので)で報酬を払うのだろう…

今まで企業側は信用性や商標権の問題でこういったものには消極的だったのが
どうゆう訳だかむしろ積極的になってきているようで
これもWeb2.0の効力(ユーチューブポッドキャストに見られるいわゆるコストレスの宣伝効果)とも言えるのですかね

某ホテルホテルに至ってはユーザーの意見を反映し耳建てたゲーム内の物件を実際にも外観も内装もそのままに建築する予定との事
話題性とシュミレーションとしての役割も見いだしているようです

セカンドライフ」内で不動産業として成功しちゃってその報酬で暮らしてる人もいるらしいです(でも仮想内の土地って言われても…たらーっ(汗)
日本語版が近々出るみたいで、個人的にはかなり興味ありますわーい(嬉しい顔)

有名企業やアーティストの多数参加がキーだと思いますが
果たして日本ではどこまで受け入れられるのでしょうか

仮想世界のお仕事が忙しくて現実のお仕事はキャンセルなんて事も…
なんだか世の中おかしな事になってきましたわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

でもここまでくるとこのゲーム(とよべるのか?仮想内実社会?)は市場通念を根底から覆す可能性を秘めてるともいえるかもしれません
posted by アカツキ at 02:06| 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

写真

今日は写真の話をしようと思います。
原理や技術については、詳しい方もいるでしょうからここではあえて触れません。

不思議だと思います。
何が?
(;^^)そうですね。今の時代となっては当たり前なんですが
今、目の前で見てる視界をそのままに一枚の写真として残せるわけです。
この先数十年後も、もしかしたら最近のプリントならば数百年も
後世代に残るんですよね。
何を想ってこんな突拍子もないことをと…(^^)

僕の知り合いにカメラマンをしていた人がいました。
その旧友の家に遊びに行った時に出てきたんです。
その当時の写真たちが…

10年ぶりぐらいだろうか…
久しぶりに会った友人宅で、昔の話題で盛り上がるうちに
埃のかぶった奥の箱からそれを出してきたとゆうわけです。
当時勤めていた会社のカメラマンとゆうことで、
同期や先輩、後輩、職場に様々なイベントなどを
あらゆる角度から、その時の空気を見事に切り取っていました。
一枚一枚を見つめていると
いまにも動きだし会話が聞こえてきそうな…
いや、実際ふつふつとその状況が記憶の中に蘇って
すでに再生を始めているのです。私の頭の中では。
驚きでした。
1枚の写真がこれほど多くの事を自分に語りかけてくるとは。

そこには自分であって、自分でない自分が写っていました。
イキイキとした表情。
こんなにも変わってしまったか…
懐かしさの反面、こんな感情も。

ここ数年、仕事や生活に追われ、趣味や遊ぶことを犠牲にして
友達と写真を撮る、などとゆう場面が久しくなくなっていました。
自分に自信もなくし、ストレスから
友人達とのかかわりを避けていた時期もありました。
多分、そんなときは表情にも表れるんですね。
そんなときに写る写真も冴えない顔で
あえて写真に写ることを拒んでいたりしました。

夏に入る少し前、その友人と旅行に行ってきました。
行くと言ったら聞かない友人。正直、戸惑っていました。
いまさら、旅行など…

DSCF0044.JPG
1泊2日の小さな旅行は凝り固まった自分を大きく変えました。
視界いっぱいに拡がる青い空と山々、
海…大自然と地場ならではのおいしい料理
たくさんのものを吸収し、自然とたくさん笑っていました。
あぁ…旅行ってこんな楽しかったっけ。
子供の頃に親に連れられて行く旅行、団体行動の社員旅行
大人になって友人と行く旅行は感じ方も随分違うと実感した。
まぁ彼女と行ければ尚いいんだが、この気兼ねの無さは
またそれとはちがう楽しさなんだろうな。

DSCF0039.JPG

で、旅行で写した何年かぶりの自分の写真は…まぁ年は取ったものの(汗
そこにはあの頃の面影が残る表情が写っていました。
きっと何十年後かに、またこの写真を見るとき
同じ面影で見られるなら…きっと
そうわるくはない自分が、そこにはいるんじゃないかと思いました。
(^^)


posted by アカツキ at 18:21| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

夏は海…久々なアクティブ。

先日古い友人からに久しぶりに電話があり
突然休みが入ったので遊べないか?
とゆう事で海へ行ってきました。

まぁ日帰りなんでそんなに遠くまで行くのはえらいと
目的地は新舞子に決定。
コンパクトな海岸ながらそれなりに夏気分を味わいました
ここ数年インドアな僕は結構体力を消耗しましたが…(^^:)

そんな訳で連日遊び回っていて更新が滞ってますが(汗
仕事が忙しそうだと心配してくれた人もいましたが
なんてことはないです(^^;)
が、空きすぎるのもなんなんで
とりあえずひと言でも入れておく次第であります

本当の日記だな、こりゃ(汗
posted by アカツキ at 13:34| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

宵越し…ならず酔越し(汗

はい。今しがた起きました。

昨晩は久しぶりに飲みに行きたくなり
友人とともに、とりあえずアミューズメント施設に繰り出しました。
月曜の夜とゆうこともあり、人はまばらでほぼ貸し切り状態。
ビリヤードだ!カラオケだ!サッカーだ!卓球だぁ!などと調子に乗り
ストレス発散は完了 はぁはぁ…な状態でバーへ。

お店に着いたのはもう2時を回っていました。
バーといえばにわかに流行っている脱出系サイトを「THE BAR」思い出したりしてニヤリ含み笑い。
マスターの旨い酒とくだらない話で盛り上がりつい時間の過ぎるのも忘れ
帰宅し、眠りについたのは5時過ぎでした。

シャワーを浴び眠りにつき、目が覚めたのは5時過ぎ…夕方の。
外の変わらない明るさに一瞬既視感を覚えつつ、重い頭を起動させます。

06-08-01_17-3.jpgはい。こんな時ご紹介したいのがこの
サクラ印はちみつの「梅みつ」。通販TV風に(笑
原液を薄めて飲む、いわゆる”濃縮もの”です。
身体が何となく重いときはこれを飲んでみたりします。
なので使いかけの写真で恐縮ですが…(汗
梅の香りとすっきりした甘さで、すーっと身体に染み入る感じがします。

この「梅みつ」は近所のスーパーで衝動買いしました。
コーナー販売していたおばちゃんに「兄ちゃん飲んでって!」と
ちっちゃい試飲カップを渡され、とりあえずひと飲み。
梅みつのうんちくを聞きつつ「あぁ旨いですねぇ…」と応えると
「もう一杯、飲んどけ!」と更に渡し、ニコニコ。
その愛嬌の良さと気っ風に思わず「寅さん」を重ねてしまいました
今では梅みつはお気に入り。
飲む度、おばちゃんを思い出します。

今は大方のものはネットで手に入る時代です。
とても便利でもう生活から切り離せないものになっているのは事実です。
なんだろう…こういった空気のやりとりで伝わる良さは残っていって欲しいですね。
お土産を包んでもらう時などは、その時の空気や記憶も一緒に包んでもらっている気になります。
普段の生活でもそんな風に感じられるようなものがあったりすると
平凡な日常も結構、楽しいものです。

posted by アカツキ at 19:25| 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

夏と言えば祭りです

06-07-29_21-.jpg一宮七夕まつりぴかぴか(新しい)に行ってきました
もう何年か行ってなかったんですが
友人2名とともにふらっと立ち寄りました
コワイ…何がコワイって数々のひしめきあうアレ!
あぁ!あいつらがオレを誘惑してくる!

そう、出店屋さんです
まつりの醍醐味のひとつです目
クレープ揺れるハートたこ焼きハートたち(複数ハート)豚串黒ハートお好み焼きるんるんかき氷などと
つい油断してると…
どんどんお腹の貯蔵庫へと蓄えられていくのですたらーっ(汗)
七夕まつりに来ていたはずが、いつのまにやらオレまつりに変わっていきます爆弾
明日からは腹筋フェアもうやだ〜(悲しい顔)が始まります

さて、話がそれましたが一宮七夕ではリンゴ飴が名物のようです
一宮市に所在する真清田神社
その祭神「天火明命(あめのほあかりのみこと)」の母神「萬幡豊秋津師比売命(よろずはたとよあきつしひめのみこと)」は、太古から織物の神様として知られ、そのご加護により当地方の織物業が発達したといわれているようです
織物と因縁の深い牽牛・織女にちなんで、昭和31年に始まった一宮七夕まつりは、仙台、平塚の七夕まつりとならび日本の三大七夕まつりの一つとして称賛されているみたいですね

祭りは日本の情緒を感じられる夏の風物詩のひとつです
絢爛な飾りものや立ち並ぶ露店、艶やかな浴衣、帯に差したうちわ…
夏の暑さとけだるさを忘れさせてくれるひとときでした(^^)
ラベル:祭り 日記 七夕
posted by アカツキ at 12:28| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

開帳ですね。

今更ながらのブログをつけてみたりします。目
まぁほとんどが個人的なものなんで、どこまで続く事やら…あせあせ(飛び散る汗)
まぁのんびりと。
継続は力なり手(グー)とはよくいったものです。
こうゆうイイ言葉を残した人は実は自分に出来なかったりして
こうだったらいいね的な感じで残したんではと思ってみたりするたらーっ(汗)
posted by アカツキ at 11:20| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。